大物が捕食するタイミングは月齢に支配されている!「いつ釣れるか!」に迫る究極の時刻表「大漁時刻表」の紹介。シラガウニの販売も

トップページへ
釣りビジョン出演動画  釣りビジョン動画

ホームへ 時間月齢大漁時刻表web版無料公開中 釣果写真続々掲載中

時間月齢大漁時刻表とは 雑誌掲載データとの検証結果 大物遭遇実証釣行記 イシダイ餌石鯛餌通販現地直送

大漁時刻表web版石鯛餌通販

つりきち シラガウニ販売ページ

「つりきち(旧サンシャインつりよし)」では、釣り餌の店頭販売、通信販売を行なっています。
★ページ下部のご注文フォームの合計金額はあくまでも目安です。送料は含まれておりません。(送料込みの商品は「送料込み」と明記しております)
店主がご注文内容を確認し、ご要望におこたえできるかどうか在庫を確認し、送料の計算を行なったうえで、合計金額等について折り返しご連絡を致します。振り込み先口座等についてもその際にお知らせいたしますので、それからご入金をお願いします。
商品の発送はすべてご入金確認後となりますので、日程に余裕をもってお問合せ・ご注文をいただけますようお願いします。

※2019年6月28日 料金を一部改訂させていただきました。

シラガウニ
① シラガウニ 10kg--8,000円
② シラガウニ  1kg--950円
ガンガゼ
③ ガンガゼ 1個--100円
 

④ カットガンガゼ 1個--110円 


⑤ウニ殻マキエ 2角10kg 1500円

※1ケースに4角20kg迄梱包可能


⑥ウニ殻ダンゴ 2角約6kg 1200円
  在庫切れ!販売停止中!

※1ケースに6角18kg迄梱包可能


⑦ウニ殻徳用マキエ 4角
 20kg 3,000円


ヤドカリ
⑧冷凍カラス貝(瀬戸貝)マキエ
小袋 2kg入り  600円

ヤドカリ
⑨冷凍カラス貝(瀬戸貝)マキエ
1箱 14kg入り  3,900円


⑩良粒赤貝 冷凍 小パック
ぷりぷり!殻付き 1kg分 900円

ヤドカリ
⑪良粒赤貝 冷凍 中パック
ぷりぷり!殻付き1.5kg分 1,500円
ヤドカリ
⑫良粒赤貝 冷凍 大パック
ぷりぷり!殻付き3kg分 2,500円

⑬良粒赤貝 冷凍 特大パック
ぷりぷり!殻付き4.5kg分 3,500円
ヤドカリ
⑭~⑯粒揃い!国産殻付き赤貝
・1kg=550円  ・5kg=2,750円
・10kg=4,800円

⑰粒揃い!国産荒割り赤貝
 塩しめ 2kg=1,100円

ヤドカリ
⑱鮮度抜群!殻付き活良!良粒赤貝
 卸し市場直送 1kg 900円


⑲鮮度抜群!殻付き活良!良粒赤貝
 卸し市場直送 2kg 1,800円

⑳鮮度抜群!殻付き活良!良粒赤貝
 卸し市場直送 3kg 2,700円

㉑鮮度抜群!殻付き活良!良粒赤貝
 卸し市場直送 5kg 4,500円

シラガウニ
㉒シラガウニ5㎏&良型赤貝3kg
現在セット販売停止中です
組合せセット 価格未定

シラガウニ
㉓シラガウニ5㎏&カットガンガゼ30個 【組合せセット】7,500円


㉔㉕餌取り強い!活きあわび!
【新発売!】卸し市場直送
㉔小袋 5個入り 1,750円
㉕中袋 10個入り 3,500円

 

 

 

【 ご注文フォーム 】

※スマートフォンからご利用の方で文字が小さくて見づらいとお感じの方は
 こちらをクリックしてください。
→スマホ版

 

◆◆◆◆ 当店からのご注文確認のメールが届かない場合があります ◆◆◆◆

ご注文をいただいた後、ご注文金額と送料の合計金額や、振込先口座をお知らせするためにメールをお送りしています。
しかし、当店からお送りしたこのメールが、実際にはお客様は受信できていないというケースが発生しています。 現在のところ、auのスマートフォン・iphoneをお使いのお客様に起きている現象のようです。
当店からの返信がない場合は、ご面倒をおかけしますが、お電話にてお知らせいただけますよう、ご理解とご協力をよろしくお願いします。

シラガウニをお薦めするわけ
シラガウニは 九州南部(鹿児島・宮崎県と大分県)に多く生息しているウニです。 白ウニという一部の釣人もいますが、シラガウニと呼ぶ方が自然です。 屋久島では 昭和50年頃にはすでに口白石鯛釣りにシラガウニが使用されていました。 当時はまだラセンサルカンが普及していない時代でしたので、ロックスナップサルカンをウニ通しとして使用していました。
昭和54年頃、屋久島の頼富忠氏からラセンサルカンの作り方を教わった私は、国内の業者に10,000個もラセンサルカンを作製させ販売にいどみましたが、当時はまだどこのメ‐カ-も市場で取扱をしていない時代だった為、ウニの取付方を知らない釣り人ばかりでまったく売れず普及させるのに苦戦致しました。
その後、各メ-カ-がラセンサルカンを発売して釣具店で取扱してから急速にシラガウニの使用が広まり大型・良型石鯛が続々と捕獲されていきました。昭和60年代には竹島・硫黄島・草垣群島・甑島でもシラガウニが主力餌となりました。
そんな中、平成年間に時代が移り九州各磯でもガンガゼを餌とした石鯛釣りが普及しはじめました。ガンガゼは喰い込みが良いため釣り人に人気があり、今では石鯛釣りの主力餌となりました。
しかし大型口白石鯛の微妙な前アタリを取るか取らないかが捕獲出来るかの大きな分れ目となりますので、大型口白の場合はガンガン喰い込み易いガンガゼ餌よりもシラガウニの使用の方が前アタリを容易に取りやすいし攻めやすくなるのです。
シラガウニは殻が硬いため、ウニの芯掛け3個が普通ですが 餌盗りの多い時にはシラガウニの棘を取り除いた丸掛け1個~2個掛けで攻めるのもとても効果があります。
シラガの丸掛けに強弱の力を加えそれぞれ異なった割れ入り2個使用はさらに効果があります。
普通の芯掛け3個付け餌でも付け方で効果が異なります。
例えば1個はしっかり芯掛けをして他の2個の芯はわざとすぐ盗られるように芯の膜掛けにするなどいろいろ細工を入れる事の出来るのはシラガウニの特長と言えるでしょう。
ガンガゼは殻・中の芯が非常に柔らかいので、こういった小細工は難しいです。
屋久島・竹島・草垣群島でのシラガウニ使用で大型口白石鯛を捕獲された人はたくさん居られるので 離島遠征の方はシラガウニとガンガゼを半々持参される事をお薦めいたします。
私も過去に屋久島・竹島・草垣群島をはじめとする各島でシラガウニにで数多くの良型との出逢うことができました。その際の詳しい状況などはこのサイトの「大物遭遇実証釣行記(枝本博人のケース)」でご紹介していますので参考にされてください。※下の画像をクリックしていただくとページへジャンプします。
実証釣行記(枝本博人)へジャンプ